ヤフー検索のグーグル検索エンジンのへの移行、先ずはMac版Firefoxから

2010年11月1日

数日前、先のブログ「ヤフー検索のグーグル検索エンジンへの移行は年内に切り替え完了へ」で取り上げた時に、ヤフー検索のグーグル検索エンジンへの移行をおこなった検索結果を確認できたらお伝えすると書きました。

どうやら Mac版の Firefox(ver. 3.6.12)から
ヤフー検索にアクセスして検索すると、
グーグルの検索エンジンを使ったヤフー検索結果が表示されます

今日、いくつかの検索キーワード(=検索クエリ)で試してみましたが、
Mac版の Firefox でヤフー検索すると、
全てグーグルの検索エンジンを使った結果が表示されます。
(米ヤフーエンジンかグーグルエンジンかの違いは検索結果ページの最下段に米ヤフーのクレジットの一文「Search Results provided by Yahoo! Inc.」の有無で判ります。)

下の画像は2つとも今日おこなった検索キーワード「ハロウィン」での検索結果。

【グーグルの検索エンジンを使ったヤフー検索結果(Mac版 Firefox)】
グーグルの検索エンジンを使ったヤフー検索結果(Mac版 Firefox)


【(米)ヤフーの検索エンジンを使ったヤフー検索結果(Mac版 Safari)】
米ヤフーの検索エンジンを使ったヤフー検索結果(Mac版 Safari)


他にも、同じ検索キーワードを使って、
異なる種類のブラウザーでヤフー検索を試してみましたが、
米ヤフーベースの検索エンジンのままです。

Mac版 Firefox 以外で試したブラウザーは次の通りです。
(以下のブラウザーでヤフー検索しても、グーグルの検索エンジンを使用した検索結果ではありませんでした。Win版の Firefox もダメでした。)

 Mac版
  • Safari 5.0
  • Google Chrome 7.0
  • Opera 10.6

 Win版
  • Internet Explorer 8.0(7)
  • Internet Explorer 6.0(XP)
  • Firefox 3.6(7)
  • Firefox 3.5(XP)

どうやらヤフーによる検索エンジン移行のテストは、
Mac版の Firefox のみでおこなっているみたいですね。
(特定のブラウザーを識別して、表示させることは簡単。その他にもパソコンのある地域を特定して限定表示させることも可能。)


実は以前、弊社ブログ「ウェブサイト・検索エンジン動向」の中で、
グーグル検索が、「検索結果には同一ドメインから2ページまで」の原則を変更したという投稿を3本書きました。

確か2本目(2010-09-07、グーグルの「検索結果には同一ドメインから2ページまで」の原則を変更は既に日本でも始まっている?か3本目(2010-10-11、グーグルが「検索結果には同一ドメインから2ページまで」の原則を撤廃した後のウェブ戦略についてのブログ投稿を書いていた頃、
検索結果をチェックするため、
ブラウザーで検索結果を目にした時、
ヤフー検索でも同一ドメインから4ページも表示されている!
と驚き、既にヤフーはグーグル化されたのか、
と思ったのを覚えています。
(その時はそれがヤフーによる移行テストだと気づきませんでした。)

【同一ドメインから4ページ表示されるヤフー検索結果(Mac版 Firefox)】
同一ドメインから4ページ表示されるヤフー検索結果(Mac版 Firefox)

しかも、検索結果に現れた同一ドメインの全4ページ中、
3ページがインデント表示(=字下げ表示)されていたのをはっきりと覚えています。
今にして思えば、
それは現在の Mac版 Firefox でおこなったヤフー検索結果と
同じですから、
ヤフーは Mac版 Firefox を使って、
以前からグーグル検索エンジンへの移行テストを
おこなっていたんでしょうね。

日本では、Macユーザーが全パソコンユーザーの約10%で、
そのうち10〜30%位がブラウザーFirefox を利用していると
されていますから、
ヤフーが明かした数パーセントの検索結果にグーグル検索エンジンを
導入済みというのと合致します。


なお、幾つかの検索キーワードを使って、
現ヤフー(米ヤフーベース)と新ヤフー(グーグルベース)の
検索結果を比べてみました。(今の段階の私見です。)

  • メジャー検索キーワードでは、多少の違いのある場合がみられるが、ほぼ同じ検索結果。
  • マイナー検索キーワードでは、上位はほぼ全く同じ検索結果。

はっきり言ってしまえば、
新しいヤフー検索は、ほぼグーグルの検索結果と言えます。
(上の画像のように、同一ドメインのホームページが
 検索結果に続く時に、2つ目以降のページがインデント
 表示されるのは、とても見やすく、好感がもてます。)

もう少しヤフー色(=法人企業サイトやホームページの作りかがしっかりしているサイトが上位表示される)が出るのかなと思っていましたが、今のところそんな傾向は見られませんでした。


上述しましたが、今後はヤフーでも同一ドメインから2ページ以上
検索結果に表示されるようになりそうです。

ホームページの検索上位表示の競争は、
ドメインのブランド力も含めて、
企業ブランド力とバックリンク数(=被リンク数)の勝負に
しぼられてきそうですね。

もちろん、
きちんとしたホームページ制作が大事なのは変わりませんが . . .


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ