Internet Explorer が世界シェアで50%を割る

2010年10月22日

世界約300万サイトにトラッキングコードを埋め込むことによって
アクセス解析を実施しているアイルランドのアクセス解析調査会社
StatCounter社のアクセス解析データによると、
2010年10月、Internet Explorer が
ブラウザーの世界シェアで、初めて50%を割ったとのこと。

  ▶ StatCounter Global Stats
   (スタットカウンター・グローバル・スタッツ)

世界では、Internet Explorer の利用比率は下がる一方ですね。


ブラウザーの世界シェア(StatCounter Global Stats 発表)】
ブラウザーの世界シェア


ブラウザーの日本シェア(StatCounter Global Stats 発表)】
ブラウザーの日本シェア

日本では、まだ60%を切ったところです。
世界シェアに比べ、下降が緩やかですね。

こうしたデータを見るにつけ、
ホームページ制作時のブラウザー毎のチェックが
ますます重要になることを感じます。


なお、StatCounter Global Statsの表の見方については、
当ブログ「ブラウザー、OS、検索エンジン、モバイルのシェアがリアルタイムに判るサイト StatCounter Global Stats」で解説しています。


ラベル:



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ