同じ内容のブログを 3 つ運営しているのですが、問題ありませんか?(グーグル・サイトクリニックのSEO)

2010年6月24日

グーグル・ウェブマスターブログにグーグルのサイトクリニックの様子が一部紹介されています。

  ▶ ダブリンで開催された「サイトクリニック」を紹介します
   (グーグル・ウェブマスター向け公式ブログ)

SEOに関して役に立つ情報ですが、納得できない点もあります。
1つ目の話題「同じ内容のブログを 3 つ運営しているのですが、問題ありませんか?」を抜粋し、取り上げてみたいと思います。

1. 同じ内容のブログを 3 つ運営しているのですが、問題ありませんか?

コンテンツの内容が全く同じである場合、検索結果に反映されるのは 1 つのブログだけとなってしまう可能性が高いでしょう。また、ブログ運営の労力を分散してしまうと、ブログのリンクも分散してしまいがちです。つまり、複数の同じ内容のブログを運営することは、ユーザーだけでなく検索エンジンにとって、どのブログがメインなのか判断するのが難しくなるというリスクを伴ってしまいます。この場合、リダイレクトや canonical 指定 を使って、優先したいブログを指定するとよいでしょう。

これについては、結構迷っている方もおられるのではないでしょうか。

考えられるケースは、同一の投稿を数種類の無料ブログ(例えばライブドアブログ、アメーバブログ、FC2ブログなど)に投稿して、露出を増やそうという目的でしょう。

ところが現状、無料ブログに対しては、リダイレクト設定も canonical 指定(=URL正規化タグ)も施すことができません。
(設定できるようになれば非常にありがたいのも事実ですが。)

できないことを奨められても意味がありませんね。

というか、グーグルの回答中にある「リダイレクト」設定ってどういう意味なんでしょうか?

301リダイレクトを施したら、少なくともそのブログには本文が存在しません。例えばアメーバブログに載っているタイトルを見てクリックしてジャンプすると、ライブドアブログの行って投稿を読むことになるでしょうか。ナンセンスです。

302リダイレクトを施すとしたらどうでしょう。リダイレクトするまでの設定時間をめちゃめちゃ長く設定したらいいのでしょうか? それにしても一般に302リダイレクトの検索エンジンの解釈は、「ページの一時的な移転」です。これによりリダイレクト先のウェブページが優先されるのでしょうか。甚だ疑問です。


canonical 指定(=URL正規化タグ)にてしても、無料ブログでは設定できないし、CMS利用の場合ならプログラムを改良しなければなりません。一般の人ができる作業ではありません。

ちなみに、グーグルが運営する公式ブログでさえ、canonical 指定(=URL正規化タグ)を適切に使ってはいません。
(それについてはデザクロブログURL正規化タグ(rel="canonical")をきちんと使っていないGoogleのウェブページ」で取り上げていますので、よろしかったらどうぞ。)

さらにはグーグルが運営する無料ブログサービス Blogger でも canonical 指定(=URL正規化タグ)はできません。
(テンプレートを編集して、自身のURLを正規化するようにはできます。)


この問題の一番の解決法は、URL正規化タグ(rel="canonical")を投稿時に自由にURLを設定できるようになることです。

ですが、無料ブログを提供する側は、それを可能にすることを好まないでしょう。なぜなら、自社の無料ブログに投稿する人が、別の無料ブログを正規化指定した場合、検索エンジン経由での自社の無料ブログへの集客ができず、メリットがなくなってしまうからです。

実に難しい問題です。


ラベル: ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ