外部スタイルシート(CSS)と外部JavaScriptファイルの記述順序も大切〔1〕

2010年5月23日

ホームページの作成時、
スタイルシート(CSS)やJavaScriptの記述を外部ファイル化して
HTMLファイルのヘッダー内で呼び出すのは常套手段ですが、
実は、そのスタイルシート(CSS)とJavaScriptファイルの記述順序で
ブラウザーでの読み込み時間が変わってくるという話題。
Web Performance Best Practices内|Google code:英語)

スタイルシート(CSS)は複数のファイルを同時に読み込むことができ、
JavaScriptはひとつの読み込みが終わってから、次のJavaScriptの読み込みが始まります。

従って、ブラウザーでの読み込み速度を少しでも早くするためには、
まずスタイルシート(CSS)の参照を先に記述し、
そのあとにJavaScriptの参照を記述したほうが良いと言えます。

良い記述例
記述順序の良い例

悪い記述例
記述順序の悪い例
(図の中の時間は仮定した時間です)

案外意識しないないで外部ファイルを記述している
ホームページ制作者も多いと思います。
たったこれだけのことでも、
ホームページ表示のスピードアップが可能なんですね。


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ