米Googleが検索結果ランキングの決定要素にホームページ表示速度を追加

2010年4月15日

2月19日のブログ「検索結果の順位にページ読み込み速度はどれぐらい影響するか?」で、グーグルのホームページ検索ランキングを決める要素のひとつに、ページの読み込み速度(=ホームページの表示スピード)が加味されると書きましたが、どうやら英語圏でのグーグル検索では数週間前から実際にランキングの一要素に加わっていると、グーグルが4月9日付の公式ブログで発表しました。

  ▶ Using site speed in web search ranking

ただし、実際にホームページの表示速度がランキングに影響するのは、要素全体の1%以下の影響力しか今のところはないとうことですから、さほど大きな変化を検索結果にもたらすことはなさそうです。
(下記引用原文の太字の部分、太字は筆者)

You may have heard that here at Google we're obsessed with speed, in our products and on the web. As part of that effort, today we're including a new signal in our search ranking algorithms: site speed. Site speed reflects how quickly a website responds to web requests.

Speeding up websites is important — not just to site owners, but to all Internet users. Faster sites create happy users and we've seen in our internal studies that when a site responds slowly, visitors spend less time there. But faster sites don't just improve user experience; recent data shows that improving site speed also reduces operating costs. Like us, our users place a lot of value in speed — that's why we've decided to take site speed into account in our search rankings. We use a variety of sources to determine the speed of a site relative to other sites.

 (中略)

While site speed is a new signal, it doesn't carry as much weight as the relevance of a page. Currently, fewer than 1% of search queries are affected by the site speed signal in our implementation and the signal for site speed only applies for visitors searching in English on Google.com at this point. We launched this change a few weeks back after rigorous testing. If you haven't seen much change to your site rankings, then this site speed change possibly did not impact your site.

We encourage you to start looking at your site's speed (the tools above provide a great starting point) — not only to improve your ranking in search engines, but also to improve everyone's experience on the Internet.

グーグルの主張は簡単明瞭です。早く表示されるホームページは閲覧者に快適さや利益をもたらすから、だそうです。ごもっともな話です。


自社のウェブサイトの読み込み速度は、グーグルのウェブマスターツールで確認できます。

ちなみに弊社ホームページ「ウェブサービス活用法」のサイト読み込み速度は次のような結果です。


図中、青いラインが弊社ホームページの読み込み速度の推移。赤色がの部分が遅く、緑色の部分が早いことを示しています。

3月中旬にリニューアル(=本格オープン)してから、サイトのパフォーマンスが上がっているのが判ります。

グーグルによれば、弊社ホームページ「ウェブサービス活用法」は、「全体の90%にあたるサイトよりも早い読み込み時間です」とのこと。

ホームページ制作者としては、他のホームページの結果と合わせて、比較検討することにより、ホームページの表示速度にいかなる要素が大きく影響するかを見極める必用がありそうです。


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ